本文へスキップ

FX取引ランキング

TEL.

FX初心者の方へCOMPANY

個人投資家は10人中8人が負けている
FXを始めた個人投資家が1年後に生き残っている確率は20%しかないと言われています。
この数だけを聞けばFXは危険でギャンブル性の高い投資法だと思われるかもしれません。
その具体的な割合では、20%程度の人が利益を出す事ができ、損をしてしまって止めている人が20%程度、後の割合は損したり得したりの人です。
得したり損したりの人では、儲けが出ない投資なら止めようと考えた人もいるのでしょう。
この数字だけを見るとFXはとても危険なギャンブル性の高い投資だと言えるかもしれません。
FXで儲けている人にとってはFXは是非やった方が良い投資であり、損した人にとっては大きな損をするギャンブルだから止めた方が良いと感じられるでしょう。
どちらも正解ではありませんし、決してFXは大きく儲ける事の出来る投資でもなければ、大きな損をする可能性のある投資でもありません。
1年間に資金を倍?3倍など大きく増やす事が出来た人は、全体からしてみればほんの一握りであり、いわゆる投資の天才と言われる人です。
才能が有ったり、運がある人の事で、めったにいないと言ってもいいでしょう。
最初からそのような存在になろうとする事が無理で、大きく儲けようとすればするほど損する率も高くなってきます。
目指してもらいたいのは、あくまでも年間40%程度の利益を求める事です。
この率は決して高い希望を持った率ではありませんから、プロの投資家を見習ってハイリターンを求めないコツコツした投資を心がけましょう。
FXですごく儲けたと公表している人の多くは、1年後には消えている事でしょう。
決して生き残る事が出来る20%になる事は難しいことでは有りません。
最初から利益を多く上げようと突っ走るのではなく、少しずつ利益をためていこうと言う考えが成功者になる秘訣です。

そこそこ儲けの投資家とは、FXによって大きく儲けた人の事を表しているのではありません。
あくまでも少し利益が出たと感じる程度で、年間では40%程度の利益となります。
FXでは利益を1年で倍額にしようとすれば失敗する可能性も高くなりますが、少しずつの利益を積み重ねていくやり方では成功者の仲間入りを果たすことができます。
これはプロの投資家に対しても言えることで、常にローリスク・ローリターンを目指しています。
具体的には損となる要素を排除し、勝率をアップさせ、たとえ損をしても大きな損にならないように調整しています。
例えば投資金額は分散して投資することで、損する可能性を出来るだけ排除し、損が確定した時には損切をあっさりと行います。
一般的にFXでは高レバレッジでの投資は危険だと言われていますが、プロの投資家も決して高レバレッジでの投資は行いません。
プロの投資家はデイトレを行いますが、デイトレは高レバレッジで投資しなければ大きな儲けは期待できません。
しかし、プロの投資家は少ない利益しか得られない事が分かっていながら、低レバレッジでデイトレを行っています。
プロといえども年間の利益は、30%程度と言われており、それ程多くの利益を得ているわけではありません。
プロはあくまでもトータルで利益を考えており、たとえ6割負けても4割で利益を出すやり方を行っています。
個人投資家が投資を行う場合には、プロとは違い長期的なFX取引も行う事が出来ますから、ハイリターンを求めなければ年間40%の利益を得ることは可能です。
うまくいけば年間60%程度まで上げる事も可能です。
プロのコツコツした投資方法を参考の上、個人投資家が利用できる時間を利用し、リスクが少ない投資方法を心がけ、そこそこ儲けの人になりましょう。

FX取引

人気急上昇のFX会社